節約・美容・ダイエット・育児など女性に役立つ情報を更新中!!

ミサコログ

妊活・妊娠 育児

出産前に準備したけど必要では無かったベビー用品

皆さんこんにちは、みさこ(@misakolog)です。

今回は『出産前に準備したけど必要では無かったベビー用品』について書いていきます。

 

2020年8月に出産した私ですが、初めての事だったので何を準備すれば良いのかわからず…

とりあえず、たまごクラブで必要だと紹介されている物のほとんどを購入しました。

ですが、実際に育児が始まってみるとあまり必要では無かった物も。

 

これから出産を控えていて、何を買おうか悩んでいる方の参考に少しでもなればと思いこの記事を書くことにしました。

お役に立てたら嬉しいです!

 

準備したけど必要では無かったベビー用品

ベビーベッド

我が家にはペットがいる為、噛まれたりいたずらをされることを防ぐ為にベビーベッドを用意しました。

(アップリカのココネルエアー)

産後2ヶ月程は使ったのですが、1人で寝ることを嫌がり添い寝すると落ち着いてくれるようになってしまったのでほぼ使わなくなってしまいました。

不安に思っていたペットは人間が思っていたよりも賢く、近くに来ても噛むことは無く遊んでいても赤ちゃんをわざわざ避けてくれたり。

 

5ヶ月の現在では身長も伸び、ベッドの横枠に収まらないのでおむつ替えの台としても機能せず苦笑

幸い台を下げてベビーサークルとしても使える物なので、もう少し大きくなったらそっちの用途で活躍させようかと思っています。

 

ベビーベッドは使う子使わない子がいるようですが、うちの子は使わない子だったみたいです。

まずはレンタルでお試ししてみるのもありかもしれませんね。

 

抱っこ紐

里帰り出産だったので、しばらくの間実家にいた私と息子。

あまり外に出る機会も無く、たまに病院に行く時などは誰かが素手で抱っこしていたので抱っこ紐の出番がありませんでした。

 

たまごクラブでランキング入りしていたアップリカのコランハグライトを試しもせず購入したのですが、なんだか私は使いにくい…

赤ちゃんに取り付けるハーネスが付いているのですが、これが付けにくくて厄介で。

他の抱っこ紐は付いていないと思うので、多分無い方が付ける時楽です。

 

後から知ったのですが、抱っこ紐には新生児から縦抱きが出来る物があるので断然そちらを私はおすすめします。

もしくはスリングという物もあります。

素手でずっと横抱きのままお出かけするのが億劫なことが、私にとって外出しない理由の1つだったので。

 

とにかく、抱っこ紐は意外と生まれてから選ぶのでも間に合います!

赤ちゃんと一緒に行き実際に付けてみたり、売り場にある赤ちゃん人形で試してから購入するのが確実かと思いますよ。

 

ちなみに後に私が購入した、おすすめスリングは『スモルビ』です。

スモルビも新生児から使用可能。

有名な抱っこ紐のコニーに似ていますが、スモルビはサイズ変更が出来るので1つあれば家族で使えます。

コニーはサイズ変更が出来ないので、その人のサイズに合わせて買わなくてはいけません。

そこがスモルビの良い所です!

 

ただ少し練習が必要なのと、お母さんと赤ちゃんが密着するので窮屈で嫌がる子もいるかもしれません。

気になる方は是非チェックしてみて下さい!

 

ミトン

赤ちゃんの爪は薄く、すぐに顔にひっかき傷ができます。

顔に傷ができるなんて!目に爪が入ったら大変!なんてことを思い、出産前から2組ミトンを準備していました。

 

生まれてからしばらくミトンを付けていたのですが、ある日乳児湿疹で皮膚科に行ったら…

「発達に関係するので、できればミトン付けない方が良いですよ」と先生に言われました。

どうやらミトンを付けているままだと色々な物に触れたり、顔をひっかくと痛いとかを学習出来ないからやめた方が良いとのことでした。

それを聞いてなるほどーと思い、その日からミトンを付けるのを止めました。

 

その代わりと言っては何ですが、以前以上に爪が伸びていないかよくチェックして切るようにしています。

 

その他準備していたけど使わなかった物

母乳パッド

息子がおっぱいを吸うのが上手では無く、ほぼ哺乳瓶で育てていたのであまり吸ってもらえず。

(生後二ヶ月にして完ミになりました)

母乳は出ていたけど、溢れるほどは出ず。

溜まってはいるけど、搾乳機で絞ってやっと出る感じ。

 

その為、母乳パッドは袋を開けさえしませんでした。

ちなみに私が出産した病院のお産セットには、数枚入っていました。

(これさえも使わなかった)

なので生まれてから必要な時に準備すれば、十分間に合うと思いますよ。

 

乳頭保護クリーム

 赤ちゃんにおっぱいを吸われ、乳首が切れてしまった時などに役立つ乳頭保護クリーム。

ほぼ吸われなかったので、こちらも出番がありませんでした。

これも生まれてから必要であれば購入すれば間に合います。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

初めての妊娠・出産・育児はわからないことだらけですよね。

育児専門誌には必要だと書かれていても、実は生まれてからでも十分間に合うアイテムもあります。

しっかりリサーチして、無駄なお金は使わないようにしましょうね!

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

また別の記事でお会いできることを楽しみにしています!

-妊活・妊娠, 育児

Copyright© ミサコログ , 2021 All Rights Reserved.