節約・美容・ダイエット・育児など女性に役立つ情報を更新中!!

ミサコログ

メンタル

【イライラしない5つの方法】元々イライラしやすかった私が教えます!

皆さんこんにちは、みさこ(@misakolog)です。

今回は元々イライラしやすかった私が考える、イライラしない方法について書いていきます。

自分はどうしてこんなにイライラしてしまうんだろう…、と悩んでいる方の参考に少しでもなれば嬉しいです。

こんな方におすすめの内容

  • イライラしすぎてしんどい
  • イライラしたくないのにイライラしてしまう
  • もっと楽に考えられるようになりたい

人はどうしてイライラしてしまうのか

ゆとりが無い生活を送っている

学校生活・仕事・育児など、私たちは毎日時間に追われています。

「本当はあれやりたかったのに」と思ってもやらなくてはいけないことが邪魔をして、なかなか思い通りにならないこともありますよね。

また時代の流れで様々なことが便利になる反面、いつでも連絡が取れるようになってしまい心のゆとりも無くなってしまっています。

休日なのに仕事のメールが来たり、SNSの返信をしなくてはいけなかったり。

真面目な人ほどゆとりが無くなりがちです。

「こうするべき!」と頭が固すぎる

「私は母親だからこうするべき」「仕事なんだからこうするべき」など、「こうするべき」という考え方。

ある程度であれば生活していく上で役に立ちますが、度が過ぎてしまうと重荷になってしまいます。

これを自分だけではなく他の人にまで「こうするべき」と考えていると、思い通りにならなくてイライラすることになるでしょう。

相手とのコミュニケーションが足りない

「言わなくてもわかってくれるだろう」「普通に考えてこれ位言わなくても理解できること」と思っていませんか?

それなのに自分が期待していた通りに相手が動いてくれないと、「なんでやってくれないの」「なんだか裏切られた気分」と感じてしまう。

でも意外と自分が求めていることは、言わないと伝わらないことも多いものです。

あなたにとっての当たり前が、相手の当たり前とは限りません。

被害者意識で自分を傷つけている

「待たされた」「嫌なことを言われた」「仕事を増やされた」という、「された」という被害者の気持ち。

自分が嫌なことをされたなら、当然湧き上がるものです。

ですがこのような「私は被害者なのに」という気持ちをずっと引きずっていると、イライラも一緒に引きずることになります。

 

イライラしやすい私の性格

私は自分で言うのもなんですが、比較的穏やかな性格です。

そんな私がどうしてイライラしやすいかというと、それは『我慢』が原因。

5歳下の弟が生まれてから何かと、「お姉ちゃんなんだから」と言われ何かと我慢をしてきました。

その習慣が染みついてしまい、大人になっても何かと我慢する性格にもなってしまったようです。

 

周りの人から見ると私は、『落ち着いている』『優しい』という印象だとよく言われます。

それもそのはず、私のイライラは人や物に向けて発散することはまずありません。

では私のイライラはどこに向けられるのか…

答えは発散する方法が無くただ自分の中に蓄積して、少しずつ消化されるのを待つというものです。

我慢しすぎてイライラも溜まりに溜まるので、たまの趣味や楽しいこと位では消化しきれなくなってしまっていました。

時には一人でいると自分でも訳が分からず涙が溢れたり、どうしたら生きやすくなるのかと悶々と考え込むことも。

 

そんな私がここ数年、ほとんどイライラしなくなりました。

それは考え方を少し変えたからだと、私は思っています。

 

私が考えるイライラしない5つの方法

自分を安心させる言葉を心の中で言う

私は一時期ペットボトルのキャップが開かなかったり、何かを落としてしまっただけでイライラするような状態でした。

今思えばおかしなことです。

でも色々なことが積り積もって、このような状態になってしまっていたのだと思います。

 

この状態を脱出するために私がしたことは、自分を安心させる言葉を心の中で言うということです。

小さなミスにイライラするのは、自分が何故か焦っていたり時間に追われているから。

でもそれが原因でミスを繰り返しては、逆に無駄な時間を使うことになる。

 

そう考えて私は何かミスをした時心の中で、「大丈夫大丈夫」と言うようになりました。

やらなくてはいけないことを終えた時には、「オッケーオッケー」と言います。

こうしたことで、小さなミスへのイライラは無くなりました。

人は自分の思い通りにはならないと諦める

私は以前まで「どうして分かってくれないんだろう」とか「どうすればそんな言い方・考え方ができるんだろう」等と、人の理解できない言動にイライラすることが多々ありました。

ですがそもそもそ私以外の人間が私を深く理解するなんて無理だし、その人と私の考えが全く同じなんてことは無いんですよね。

生きて経験してきた内容はそれぞれ違うわけだし。

 

だから「この人は私の全て理解出来ないんだから、私もこの人の全部は理解出来ない」と割り切ることにしました。

そうしたら「そういう考えもあるんだ~、でも私にはわかんないや~」と楽に考えることが出来るようになりました。

大体のことはなんとかなると考える

私は何事も考えすぎてしまう性格で、人の目もとても気になります。

その為か話す時に噛んでしまったり、自然に振る舞えなかったりすることも。

なんでも上手くやろうと思えば思うほど、空回りしてしまうのです。

そこでまたイライラしてしまう。

 

でもその上手くやろうと思っていることは、本当に上手くやらなくてはいけないことでしょうか。

意外となんとかなりそうじゃないですか?

別にその人と無理に仲良くして好かれなくても、大丈夫ではありませんか?

やらなきゃいけないこと、少しくらいヘマしたって修正出来るのではないでしょうか?

 

よくよく考えてみると(また考えてる苦笑)、割となんとかなることだらけです。

私みたいな人は、少し考えない位が生きやすいのかもしれません。

非常識・マナーがなっていない人は前世は人以外の者だったと思う

友人・近所の人・職場の人・あるいは家族の中に、どう考えても『非常識・マナーがなっていない』と感じる人はいませんか?

私はこのような人にもイライラしてしまいます。

例えば、こちらが挨拶してもいつも返さない人・いつも誰かを馬鹿にしている人・いい大人が自分は何もしないけど、お礼も言わずやってもらって当たり前って顔してる人…

自分の常識が世間の常識とは限らないけど、どう考えても「それってどうなの!?」って思う人っていますよね。

 

私は以前何かで、「非常識・マナーがなっていない人は前世で人以外の者だったから、人としての振る舞いがまだわかっていない。だから可哀そうな人だと思えば、腹が立つのもおさまる。」というような話を目にしました。

その話を見てから私は無性に納得してしまい、どう考えてもおかしいと思う人のことはそう考えるようにしています。

それから良いのか悪いのか、人に対するイライラはあまり無くなりました。

少しずつ人に頼ってみる

私は長女として小さい頃から、母に「あれやって、これやって」と良い時だけ頼りにされてきました。

その為か職場でも「これやって貰える?」とか「あれやっておいて」等と言われ、更に人に頼むのも面倒というのもあって何かと抱えがちでした。

そしてその時決まって私が考えていたのが、「なんで周りは手伝いましょうか?って言ってこないの。私ばかり。」ということ。

でも周りからしてみれば面倒ごとを片付けてくれる私は便利だし、私自身も手伝ってと言わないのだから今考えてみればそりゃそうだよねと思います。

 

でもふと私だって「手伝って!」とか「これやって!」って言って良いんじゃないかと考えてから、人に頼むようになりました。

後輩に「これ一緒にやってくれる?」とお願いしたり、結婚してからは主人に「トイレ掃除お願いして良い?」と言うようになったんです。

そうしたら意外と周りは快く引き受けてくれるし、「ありがとう~助かった!」と伝えると相手との関係も良くなったと感じました。

 

それから私は、頼れることは誰かに頼るようにしています。

ちょっと人に甘える位が、私にはちょうど良いのかもしれません。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

あなたのイライラの解決の糸口に、少しでもなれたら嬉しいです。

イライラって、誰も幸せになりませんよね。

誰かのイライラした姿を見たり話を聞くとあまりいい気分にならないし、何よりイライラしている本人も辛いと思います。

 

ですが生きていく上で、イライラは絶対避けられないことでもあります。

その為自分が生きやすくなるには、イライラを自分でコントロール出来るようになることが大事だと私は考えています。

そうすれば必要以上に、周りの人や自分を傷つけずに済みます。

 

是非自分の中のイライラの原因を突き止め、それに合ったコントロール方法を見つけて下さい。

時にはイライラの原因から逃げたり、諦めてしまうことも必要だと思います。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

少しでも参考にして貰えたら嬉しいです。

それでは、また別の記事でお会いできることを楽しみにしています!

-メンタル

Copyright© ミサコログ , 2021 All Rights Reserved.