節約・美容・ダイエット・育児など女性に役立つ情報を更新中!!

ミサコログ

節約・お金

主婦の買い物の最適な頻度は?頻度別のメリット・デメリットを紹介!

皆さんこんにちは、みさこ(@misakolog)です。

今回は主婦の皆さんが悩んでいるであろう、『買い物の最適な頻度』について書いていきます。

頻度別のメリットやデメリットも紹介するので、是非参考にしてみて下さいね。

 

こんな方におすすめの内容

  • 食費を節約したい
  • 頻度別のメリット・デメリットが知りたい
  • 自分に向いている買い物頻度が知りたい

 

買い物の頻度別のメリット・デメリット

買い物の頻度って、本当に難しいですよね!

頻度が多いと、それだけ無駄な物を買ってしまいがちになる。

逆に頻度が少ないと、『食材が無い!食べたい物が無い!』なんてことにもなってしまう。

 

そしてなるべく、食費を節約したい!

その為にも、買い物の頻度のメリット・デメリットを知っておきましょう。

 

週1回の場合

メリット

無駄買いが減る

買い物の頻度が少ないということは、それだけで無駄な物を買う頻度も少なくなるということです。

食材の無駄がなくなる

1週間分もの食材を買うということは、その分献立を立てることになります。

するとその献立に必要な物だけを買うので、食材を無駄にすることが無くなります。

時間の節約になる

毎日買い物に行かなくて良いので、その分時間の節約になります。

さらに献立も立ててしまっていれば、その日の献立を考える時間も必要無くなりますね。

 

デメリット

荷物が重くて大変・交通手段が限られる

1週間分の食材を買うわけですから、かなりの量の荷物になります。

量も多いし重いしで、さすがに徒歩や自転車での移動は難しいのではないでしょうか。

となると、自家用車が必須になってくるでしょう。

買い忘れがあった場合が面倒

頻繁に買い物に行っていれば、買い忘れた物があってもすぐに手に入ります。

ですが頻度が少ないと、1週間後に買うかわざわざそれだけを買うために外出しなくてはいけなくなることも。

最安値で購入できない

スーパーなどでは、毎日安い物が違いますよね。

いつもは100g108円のお肉が、今日は100g78円なんてことも。

1週間に1度の買い物だと、通常価格で商品を購入することが多くなります。

週の後半の献立が同じになりがち

買い物の頻度が少ないと、日持ちのしない食材は週の前半で食べることになりますよね。

ということは、週の後半は日持ちする食材で作る献立に限られます。

するとよほど料理上手な方でないと、週の後半の献立が似たような物になりがちに。

 

週2~3回の場合

メリット

特売の物を購入できる

週2~3回程度の買い物頻度ならば、特売の安い商品も手に入りやすくなります。

上手に使えば、食費の節約にもつながりますね。

1度に考える献立が少なくて楽

1週間分の献立を1度に考えるのは、なかなか大変なもの。

ですが、3日分くらいの献立ならすぐに決まりそうです。

買い忘れがあってもすぐに手に入る

うっかり買い忘れがあっても、数日後にまた買い物に行くので割とすぐに手に入れることができます。

 

デメリット

無駄な物を買う機会が増える

買い物に行く頻度が増えると、その分無駄な物を買う機会も増えます。

特売でお得な商品を買うことができても、無駄な出費をしないように気を付けなくてはいけませんね。

荷物の増え過ぎに注意

数日程度食材であれば、徒歩や自転車でも移動が可能です。

ですがつい『明日は買い物に来ないしこれも必要では?』と思い、どんどんかごに物を増やしては結局大量な荷物に。

荷物の増え過ぎに注意が必要です。

 

毎日の場合

メリット

献立を考えるのが楽

献立を考えることが苦になる人には、数日分の献立をまとめて考えるのは精神的なストレスになることも。

1日分の献立を考える方が気が楽、という人も多いかもしれませんね。

日持ちしない食材を、献立に組み込むこともできます。

毎日特売の物を購入できる

毎日安くなる物って違いますよね。

今日は鶏肉、明日は魚、明後日はおでんの材料…

これらを上手に毎日の献立に組み込めば、大幅な食費の節約になります。

買い忘れがあっても翌日に手に入る

『あ!あれ買うの忘れた!』と思っても、翌日にはまた買い物に行くので困りません。

大抵の物は、1日くらいなんとかなりますもんね。

移動手段の幅が広がる

1日分の買い物だけであれば、そんなに大量な荷物にはなりませんよね。

となると、自家用車が無くても徒歩や自転車での移動も可能です。

 

デメリット

無駄買いが続くと出費が増える

毎日買い物に行くと、それだけ無駄な物を買う頻度も増えやすくなることに。

もし毎日必要ではない物を買っていたら、出費がかなり増えて節約どころでは無くなってしまいます。

時間が必要になる

買い物に使う時間が増えるので、それだけ時間が必要になってきます。

仕事帰りに通り道にスーパーなどがあればまだ良いのですが、そうでない場合は遠回りになり非効率です。

急用や体調不良の時に困る

数日分まとめて食材を買っていれば、急に何かあった時でも食べる物がないということを回避できます。

ですが1日分の買い物しかしていない場合、急用で買い物に行けない時や体調不良でしんどい時に困ることに。

 

性格やライフスタイル別の最適な買い物の頻度

上記ではそれぞれの買い物の頻度での、メリット・デメリットをお伝えしました。

ですが、一概に週何回の買い物が1番最適だとは言いづらいです。

それは主婦の皆さんのライフスタイルはそれぞれ違いますし、性格も違うからです。

ここでは性格やライフスタイルから見る、最適な買い物頻度をご提案します!

 

週1回の買い物が向いている人

無駄な物を買いがちな人

買い物に行くたびに『これも美味しそう!安いしあれも買っておこう!』という人は、買い物の回数を減らすことで無駄な物を買う機会を減らすことができます。

忙しい人

現代の女性は、子育てをしながら働いている方も珍しくありません。

さらに介護などで、忙しくしている方もいると思います。

このように忙しく生活している方は、週1回の買い物だと少し時間ができるかもしれません。

食材の管理ができる人

まとめ買いをすると、肉や魚・野菜などは1週間のうちに駄目になってしまう場合があります。

そうならないためにも買ってきたら下ごしらえや冷凍保存するなど、食材の管理ができる人は少ない頻度の買い物が向いています。

自家用車がある人

どうしても買い物量が多くなってしまうので、自家用車が必要になってくるでしょう。

自分が運転しなくても、週末などに家族で車を出してくれる人がいる場合も良いですね。

妊娠中など体調が不安定な人

まとめ買いをすることで、家から出る頻度を減らせる・余計な移動をせずに真っ直ぐ家に帰ることができます。

こうすることで『外出先で体調が悪くなったらどうしよう…』などという、精神的ストレスを減らせることになりますね。

 

週2~3回の買い物が向いている人

特売の商品を献立に取り入れたい人

やっぱり特売の肉や野菜を献立に上手に取り入れると、その分節約になりますよね。

週2~3回の買い物であれば、特売の商品を献立に取り入れることができます。

常に程よく食材をストックしておきたい人

毎日買い物には行けないけど、ある程度食材は家に置いておきたい。

冷蔵庫が小さくて沢山の食材は入らないけど、数日分はストックしておきたい。

このような人は、週2~3回の買い物の頻度がぴったりですね。

 

毎日買い物にいくのが向いている人

無駄な物を買わない人

『今日買う物はこれ!』と決めて、無駄な物を買わない人は毎日買い物に行っても大丈夫。

その日の特売品を上手に使って、節約ができる人は向いています。

毎日献立を立てることが苦にならない人

私は献立を立てることが苦手で、とても時間がかかります。

なので、毎日献立を立てるのが苦痛でした。

ですがすぐに献立のアイディアが浮かぶ人や、献立を立てることが苦ではない人は向いていると言えます。

食材の管理が面倒な人

食材を下ごしらえしたり、冷凍したりなど管理するのが面倒だと感じる人は向きません。

腐っちゃいますもんね笑

毎日買い物に行くなら、そんな心配はいりません。

時間に余裕がある人

専業主婦で毎日家にいる・短時間で働いていて比較的時間に余裕があるなど、時間に余裕がある人には向いています。

 

他の人の買い物頻度は?

実際に他の人は、どの位の買い物頻度なのか気になりませんか?

こちらのグラフを見てみると、『週2~3回』の方が多いようです。

やっぱり1週間に1回じゃ少なすぎる・毎日は行く時間が無いなどを考えると、週2~3回の買い物頻度がちょうど良いのかもしれませんね。

『女性のライフスタイル研究所』より引用

 

私も悩みました…

私自身も、結婚してからとても悩みました。

結婚したての頃は、毎日スーパーに行っていたのです。

1日大体1,000円位を予算にしていたので、食費は月30,000~35,000円でした。

 

ですが、現在の私の買い物頻度は『週1回』です。

理由は来年主人の転勤の可能性があり、そうなったら私の車は手放すので今冬タイヤを買うともったいないから今年の冬はタイヤ交換しなかったから足が無い。

そして、妊娠した為体調が悪い日も多くなかなか買い物に行けない。

この2つです。

 

週末が休みの主人に車を出してもらい、2人で買い物に行きます。

1週間分の食費をまとめて買うと、大体5,000~7,000円になりました。

これを1ヶ月分に計算してみると、20,000~28,000円ということになりますね!

 

毎日買い物に行っていた時と比べると、約1万円の節約になっていることがわかります。

1週間分の献立を考え買い物に行くので、特売品はほぼ意識していません。

それなのにこの結果ということは、毎日買い物に行くことによって無駄な物を買っていたということが明らかに…

 

私には週1回の買い物頻度が最適、ということですね!

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

主婦の買い物の最適な頻度は、人それぞれ異なるということをわかって頂けたかと思います。

 

私には週1回の買い物頻度が最適でしたが、皆さんがこれに当てはまるとは限りません。

是非自分を分析して、最適な買い物頻度を見つけて下さいね!

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございます。

また別の記事でお会いできることを、楽しみにしています!!

-節約・お金

Copyright© ミサコログ , 2021 All Rights Reserved.