節約・美容・ダイエット・育児など女性に役立つ情報を更新中!!

ミサコログ

ニキビ 妊活・妊娠

妊娠中のニキビにおすすめの化粧水10選!!

皆さんこんにちは、みさこ(@misakolog)です。

今回は、妊娠中のニキビにおすすめの化粧水をご紹介したいと思います。

実は私も、妊娠中のニキビに悩む妊婦の一人です。

鏡を見るたびに赤いポツポツが目に入り、非常に憂鬱な気持ちになりますよね。

そんな同じ思いを抱える方の助けに少しでもなれればと思い、この記事を書くことにしました。

一緒にニキビを撃退しましょー!!

 

妊娠中のニキビはなぜできる?

妊娠することによって、女性のホルモンバランスは大きく変わります。

これが、妊娠中に肌が荒れやすくなってしまう大きな原因なのです。

更につわりの影響で食事で摂る栄養バランスが偏ったり、便秘をしやすくなったりすることでも肌荒れを加速させてしまいます。

 

妊娠中のニキビの原因その1:ホルモンバランスの変化

妊娠中は、プロゲステロンというホルモンの分泌が活発になります。

このプロゲステロンには、皮脂の分泌を促す作用があるのです。

皮脂が過剰に分泌されることで毛穴に詰まりやすくなってしまい、ニキビなどのトラブルに繋がります。

またホルモンバランスが変化することで、肌のターンオーバーも乱れがちに。

その為古い角質がお肌に溜まりやすくなり肌が硬くなることも、肌荒れを助長することになります。

 

妊娠中のニキビの原因その2:栄養バランスの偏り・栄養不足

特に妊娠初期ではつわり症状が酷くなりやすく、思うように食事がとれなくなる方もいますよね。

人によってはお米を炊く匂いを嗅ぐだけで気分が悪くなってしまったり、水さえも十分に飲めなくなることも。

このような場合栄養や水分の不足が原因で、ニキビ・肌荒れが起こりやすくなります。

 

妊娠中のニキビの原因その3:便秘

今まで便秘とは無縁だった人でも、妊娠中のホルモンバランスの変化やつわりが原因で起きる栄養や水分の不足で便秘になってしまうことがあります。

このような場合排出されるべき老廃物が体内に溜まり、それがニキビ・肌荒れを起こす原因になるのです。

 

妊娠中のニキビケアのポイント

妊娠中は特に肌がデリケートになるので、妊娠前にしていたスキンケアが合わなくなることも。

妊娠してから肌荒れが気になるようになったら、一度ケア方法を見直してみましょう。

 

肌に合うスキンケアに切り替える

妊娠前に使っていたスキンケアが合わなくなることは、よくあることです。

このような場合は、その時の肌状態に合う物に切り替えましょう。

肌が急に敏感になってしまったという方は、無香料・無着色・アルコール不使用といった低刺激な物も良いでしょう。

自然由来の成分を使用した物もおすすめですよ。

 

丁寧に洗顔を行う

妊娠中はホルモンバランスの影響で、皮脂の分泌が多くなります。

丁寧に洗顔を行い、余分な皮脂・汚れを肌に残さないようにしましょう。

ですが、妊娠中の肌はデリケートになっています。

洗顔料を選ぶ際は汚れをしっかり落としてくれて、更に肌に優しい成分の物を探してみましょう。

 

内側からも乾燥を防ぐ

妊娠中の体は水分不足になりやすいもので、お肌も乾燥しがちです。

外からの保湿ケアを十分に行うのはもちろん、こまめに水分を摂るようにすると良いですね。

体の外側だけでなく、内側からも乾燥を防ぎましょう。

 

意識してビタミンCを摂る

肌荒れの予防・改善には、肌のコラーゲン生成を促してくれるビタミンCが必要です。

サプリメントを取り入れたり、オレンジ・苺・グレープフルーツ・小松菜・ブロッコリー・パプリカなどビタミンCが豊富な食材を食べるようにしましょう。

 

日焼け止めで紫外線対策をする

黄体ホルモンやプロゲステロンが活発になる影響で、妊娠中はシミができやすくなってしまいます。

シミを予防するために、紫外線対策をしっかり行うようにしましょう。

紫外線吸収剤・紫外線散乱剤を使用していない日焼け止めは、肌に負担をかけにくいので探す目安にして下さい。

 

妊娠中のニキビにおすすめの化粧水10選

通販で買える化粧水

【ファンケル】アクネケア化粧液

【医薬部外品】

乾燥を伴うニキビができている肌によくなじみ、潤いで満たしニキビを防ぐ化粧液。

漢植物エキスやアケビアエキスを配合していて、バリア機能が低下してしまった肌もうるうるに。

使い続けることでニキビや肌あれを防ぎ、つるつるの肌に整えてくれます。

公式サイトでは、3,300円相当の商品を1,000円でお試しできるキットが販売中!

お得な公式サイトはこちら

 

【ノブ】ACアクティブフェイスローション

大人ニキビが気になる乾燥しがちな肌に、潤いを与えてひきしめます。

テカリやべたつきも抑え、ニキビを防いでくれる化粧水。

保湿効果にこだわり、保湿成分(ラフィノース水和物)の配合量を増量しました。

公式サイトでは、1週間たっぷり試せるセットが1,650円で販売中!

お得な公式サイトはこちら

 

【エトヴォス】薬用アクネVCローション

有効成分の甘草エキスが新しいニキビを予防し、進化型ビタミンC誘導体がメラニンの生成を抑え、日焼けによるシミ・ソバカス・ニキビ跡を防いでくれる化粧水。

リピジュア・ヒアルロン酸・アミノ酸などの保湿成分がうるおいのある肌へと導きます。

鉱物油・界面活性剤・キレート剤・シリコン・パラベン・着色料・香料不使用。

オイルフリー処方です。

公式サイトでは、2,400円相当の商品を1,900円でお試しできるセットが販売中!

お得な公式サイトはこちら

 

【草花木果】アクネ化粧水

肌を潤いで満たし、ニキビの原因となる毛穴の詰まりを防いでくれる薬用化粧水。

どくだみエキス・クマザサエキス等の植物成分を配合しています。

肌の炎症も抑えてしっかり保湿します。

公式サイトでは、2,145円相当の商品を1,400円でお試しできるセットが販売中!

お得な公式サイトはこちら

 

市販のプチプラ化粧水

【イハダ】薬用ローション(とてもしっとり)

繰り返しがちな肌荒れや乾燥を防いで、肌の潤いバリア機能を整えて潤いに満たされた素肌に導く薬用化粧水です。

うるおい保護膜を作り、乾燥等の外部刺激から肌を守り、水分の蒸発を抑え、肌の潤いを保ちます。

濃密な潤い成分が角層に浸透して、キメが整ったみずみずしい肌へ導きます。

ニキビのもとになりにくい処方です。

 

【肌美精】大人のニキビ対策 薬用美白化粧水

みずみずしいのにしっとりした感触で、美白ケアまでできる化粧水。

肌を柔らかく角質柔軟成分を配合。

殺菌成分のイソプロピルメチルフェノール配合で、ニキビの原因菌の働きを抑えて予防します。

炎症を抑えるグリチルリチン酸2K、肌を保湿するコラーゲンを配合。

美白に効果を発揮する高純度ビタミンCも配合で、シミ・そばかすを防いでくれます。

ニキビができにく処方です。

 

【オードムーゲ】オードムーゲ薬用ローション

肌を清潔に保ちながら、潤いを与えるふきとり化粧水です。

ふき取ることで、肌の余分な汚れや皮脂などを取り除いてくれます。

抗炎症成分配合で、ニキビや肌あれを防いで健康な肌を保ちます。

 

【明色化粧品】明色美顔水

明治18年に発売された、長く愛されているロングセラーの薬用化粧水です。

脂うきを抑え毛穴に詰まりがちな皮脂も取り除き、毛穴をひきしめてくれます。

ホモスルファミンで毛穴の奥までさっぱりとさせ、サリチル酸で硬くなってしまった角質を柔らかくします。

更にニキビの原因となる、アクネ菌の繁殖を防ぎます。

 

【メラノCC】薬用しみ対策美白化粧水

しっとり潤いながら、シミケアができる化粧水。

高浸透ビタミンC誘導体(シミができるのを抑える成分)とグリチルリチン酸ジカリウム(抗炎症成分)が配合されています。

全体に潤いを与えながら、メラニンの生成を抑えてシミとソバカスを防ぎます。

ビタミンC誘導体はニキビ跡のケア、グリチルリチン酸ジカリウムはニキビの炎症への効果も期待できます。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

・妊娠中にニキビができてしまう原因

・ニキビケアのポイント

・妊娠中のニキビにおすすめの化粧水

これらについてご紹介しましたが、少しでもお役に立てたら嬉しいです。

 

ちなみにスキンケアだけでは、どうしても治らないこともあるかと思います。

そのような時は、信頼できる皮膚科で診察してもらい薬を出してもらうのもおすすめです。

妊娠中である事を医師に伝えると、妊婦さんでも使える薬を処方してもらえますよ。

私もあまりにもニキビを繰り返すので、皮膚科で薬を頂きました。

 

ストレスもニキビの原因の1つになってしまうので、出来るだけ気にせず「いつかは治るさ~」くらいの気持ちで毎日をのんびり過ごしましょう!

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

また別の記事でお会いできることを楽しみにしています!

-ニキビ, 妊活・妊娠

Copyright© ミサコログ , 2021 All Rights Reserved.