節約・美容・ダイエット・育児など女性に役立つ情報を更新中!!

ミサコログ

妊活・妊娠

妊娠中の体重管理の為に私がやっている7つのこと

皆さんこんにちは、みさこ(@misakolog)です。

今回は妊娠中の体重管理の為に、私がやっている7つのことについて書いていきます。

この方法を取り入れてから、私はなんとか体重を維持できています。

 

現在妊娠7ヶ月(2020年6月現在)の私ですが、妊娠判明から既に6㎏体重が増えました。

「妊娠したらみんなどうせ太るじゃん」と私の気持ちは余裕だったのですが、通っている産婦人科の先生から注意を受けました。

「このままのペースで体重が増えたら、助産師から食事指導をしたり入院、最悪うちでは産めなくなりますからね」と。

 

私はもともと無痛分娩希望で、通っている病院は県内で数件しかない無痛分娩ができる病院なのでここで産めなくなるのはマズイ!!

ということでここにきてやっと、体重管理をすることにしました。

この記事が私のように妊娠中の体重管理で悩む方の参考に、少しでもなれば嬉しいです。

妊娠中の体重管理の為に始めた7つのこと

毎日体重を測る

これって当たり前の事だと思うのですが、私は「どうせ数字見たって増えるもんは増えるし減るもんは減る」という意味が分からない理由で体重計に乗っていませんでした。

ですがやはり毎日体重を測ることでこれまでや前日の自分との差が明確に分かり、体重管理をしやすくなったのです。

そして毎日少しずつ変化する数字を見ることで「このままではヤバい」という気持ちが湧いて、食事や運動量も意識するようになりました。

便秘を解消する努力をする

私は元々便秘体質なのですが、妊娠中期辺りから下剤を飲まないと出ない程になってしまいました。

ほっておくと、2~3日出ないのは当たり前です。

便を体に溜め込むことはやはり良くありませんし、便秘により悪玉菌が増えるとむくみや血行不良の原因にもなり体重管理も難しくなります。

お腹も苦しいし、便秘というだけで余裕で体重が1㎏増えたりするので健診前はひやひやしますよね。

 

私は体重管理を始めてから、以前よりも野菜を意識して摂るようにしたり青汁を飲んでみたりしています。

ヤクルトやヨーグルトなどを摂るのも良いですね!

それでもやっぱり便が出ないことも多いので、1日おき位で産婦人科で処方してもらっている下剤『酸化マグネシウム』を飲んでいます。

 

実は酸化マグネシウムは、ドラッグストアでも購入することが出来ます。

おすすめは健栄製薬の『酸化マグネシウムE便秘薬』です。

こちらはたまごクラブでも紹介されていたり、私も実際に健栄製薬に問い合わせて妊娠中でも飲めるか確認しました。

回答は妊娠中でも安心して飲めるということで、私も妊娠してから何度か飲んでいます。

ただ用法用量は必ず守ることと、不安な場合・何かあった場合は産婦人科の先生に相談するようにしてくださいね。

妊婦向けエクササイズをする

安定期に入っていて経過が順調で、産婦人科の先生から絶対安静を言い渡されていない場合はエクササイズもおすすめです。

今は便利な時代で、YouTubeで検索すれば妊婦向けのエクササイズ動画が沢山あります。

私はもともと飽き性で続かない性格なのですが、やはり自分の為だけではなく赤ちゃんの為だとも思うと不思議と続けることが出来ています。

前日動きすぎたな…という日はエクササイズをお休みする日もありますが、気分が乗っている時は2つの動画を続けてやる時もあります。

 

探してみるとゆったりした物から少しハードな物まで色々動画があるので、自分に合う物を選択してみて下さい。

私のように今まであまり運動をしていなかった人がいきなりハードなエクササイズをするのは危険なので、まずはゆったりとしたエクササイズから始めるのがおすすめです。

私のおすすめ動画

 《ゆったりめの動画》

《少しハードな動画》


散歩に行く

エクササイズと共に私が取り組み始めたのが、『散歩』です。

里帰り先の実家付近には緑が多い遊歩道があるので、天気が良い日は30分~1時間程行ったり来たり散歩をしています。

飽きた時はもう少し距離を伸ばして、スーパーまで買い物をしに行くことも。

最初は散歩なんてつまらないと思っていたのですが、「この前まで咲いていなかった道の花が咲いていた」とか「可愛い猫に会った」などと散歩に行くことで新しい発見があって楽しくなってきました。

糖質・脂肪が多いおやつを控える

私はつわりが14~15wに終わったのですが、それまで『みかん・バナナ・冷たいおにぎり』くらいしか食べることが出来ませんでした。

なので食べたい物を食べられる体になって、調子に乗ってケーキやアイスクリームなど食べたいように食べていたんです。

里帰りを早い段階でしていたので、母がお土産で買ってきてくれることもありました。

 

そんな生活をしていると、どう考えても太りますよね。

結果太った訳です。

赤ちゃんがまだそんなに大きくなっているはずもないのに、私の体重はどんどん増えていきました。

 

病院の先生にも注意を受け、やっとここで「糖質・脂質が多いおやつを控えよう」と思い始めました。

最初は完全におやつを断とうと考えたのですが、さすがにそれは難しかったです。

やっぱり甘い物は欲しくなります。

なので現在の私は自作の水寒天にきな粉と黒蜜をかけたり、ゼロカロリーのゼリーを食べるようにしています。

私が参考にしている水寒天レシピ

これだけでも大分違いますよね!

ただ私は妊婦健診が終わったその日だけは好きな物を食べて良い日としているので、その日だけケーキやアイスクリームを食べています。

たまに自分を甘やかすことが、体重制限を続けられるコツです!

 

着圧ソックスを履く

今まで生きてきてむくむという経験をしてこなかった私ですが、妊娠を機にむくむようになりました。

「なんか最近足がめちゃくちゃ太い!!」と思っていたのですが、健診の際に「むくんでいますね」と先生に言われて初めて気が付きました。

 

そこでむくむと何が良くないんだろうと調べてみたら、『体に水分が溜まったままの状態の為、太りやすくなったり体重増加の原因にもなる』ということがわかりました。

それはマズイ!と思った私は早速着圧ソックスを購入することにしたのですが、メディキュットなど有名な商品はいいお値段。

しかも私はふくらはぎまでのタイプが欲しかったので、楽天で色々探しました。

そんな時に見つけたのが、1足500円もしないこちらの商品↓↓

つま先まであるタイプとつま先が無いタイプを、自由に3足組み合わせて購入できます。

3足で有名な商品1足よりお安かったので少し不安でしたが、実際に履いてみたら丁度良い締め付け感でむくみも解消されました。

私は全てつま先が無いタイプで、ピンク1足黒2足を購入。

出産後もすごくむくむと聞いたので、入院バッグにも1足入れていく予定です。

毎日同じ時間帯に寝起きする

これは前から分かっていたのですが、なかなか自分に厳しく出来ずにいたことです。

なぜか深夜0時を過ぎるとスマホをいじりたくなるんですよね~。

漫画を見たり、ヤフーニュース見たり、メルカリで育児グッズ探してみたり…。

 

でも毎日夜更かしして起きる時間がバラバラになると、成長ホルモンが分泌されないことから眠っている間の脂肪分解を促す働きが鈍ってしまいます。

妊娠中の体重管理は自分だけではなく赤ちゃんの為でもあるので、今回は夜更かし・起床時間のばらつきを解消することに決めました。

現在私は毎日遅くても0時半には就寝、朝は7時頃に起きています。

体重管理を始めてからの私

冒頭にも書いている通り、体重管理を始めてから体重を維持することが出来ています。

ですがその反面、今まで十分な長さだった子宮頚管が体重管理を始めた2週間後の健診で少し短くなっていました。

早産になる程では無かったのですが、今まで順調だった分若干ショックで。

 

先生に散歩やエクササイズを続けても大丈夫か聞いた所、「激しい物ではなく体がポカポカする位なら大丈夫です」と言われました。

ですが多分今まで運動をしていなかった私が急に体を動かし始めたことによって子宮頚管が短くなったのでは、と考えたので運動量を少し減らすことに。

次の健診でどうなっているか若干不安ではありますが、子宮頚管の長さが十分であることを願います。

 

普段あまり運動をしてこなかった方は、じっくり運動量を増やしていくことをおすすめします。

最後に

いかがでしたでしょうか?

私は妊娠中の体重管理が、こんなにも難しい物だとは思っていませんでした。

みんなそれぞれ性格が違うように、体質もそれぞれで太りやすい・痩せやすいなど様々だと思います。

 

普段は自分だけのことですが、今回は赤ちゃんの健康もかかっています。

ストレスになり過ぎない程度適度に息抜きをしながら、頑張って体重管理をしていきましょう!

私も頑張ります!!

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

また別の記事でお会いできることを楽しみにしています!

-妊活・妊娠

Copyright© ミサコログ , 2021 All Rights Reserved.