節約・美容・ダイエット・育児など女性に役立つ情報を更新中!!

ミサコログ

節約・お金

節約・貯金をしたい人必見!お金の使い過ぎを防ぐ方法7選!!

皆さんこんにちは、みさこ(@misakolog)です。

今回は、『お金の使い過ぎを防ぐ方法』について書いていきます。

お金を使い過ぎなければ、節約も貯金も叶えることができる!

実際に私が意識していることを紹介していくので、参考にして頂けたら嬉しいです。

 

こんな方におすすめの内容

  • 節約をしたい・始めたい
  • 貯金をしたい・始めたい
  • お金の使い過ぎを防ぐ方法を知りたい

 

超簡単で今日からできる!お金の使い過ぎを防ぐ方法7選

ここでは私が実践している、『お金の使い過ぎを防ぐ方法』を7つ紹介します。

 

家計簿をつける

節約や貯金を始めたい場合、一番最初に始めると良いことが『家計簿をつける』ことです。

どんなにいつも安い物を買っていても、普段自分がどの位お金を使っているのか把握できていなければ意味が無いからです。

 

私も家計簿をつけていなかった頃は自分が何にいくらお金を使っているか把握できていなかったし、貯金も増えているのか減っているのかイマイチわからない状態でした。

ですが自分が何に何円使っているのかを知ることで、無駄に気づくことができてそれを削ることができるようになります。

そうすることで、やりくりが上手になって少しずつ貯金も増えていくのです。

 

家計簿のつけ方はノートに書くだけではなく、パソコンのエクセルで管理する方法もあります。

『エクセル 家計簿』などで検索してみると、無料で使うことができる家計簿のテンプレートが沢山出てきます。

私も最初はそれらを利用して、後から自分に合った項目などを増やしていきました。

是非自分に合った方法の家計簿を見つけて、始めてみましょう!!

 

買い物リストを作って買い物に行く

私は以前まで、買い物リスト(メモ)を持たずに買い物に行っていました。

頭で記憶しているから大丈夫~、と思っていたんです。

ですが実際に買い物してみると、買い忘れがあるばかりか今必要ではない特売品を買ってしまうなんてことに。

 

その後、買い物リストを作ってそれだけを目的に買い物に行こう!と考えました。

そしてこれを実行してみると、以前まで『お買い得品はないかな~』とダラダラと買い物していたのが改善されて時短に!

欲しい物だけを買いに行くので、余計な寄り道も無くなりました。

さらに余計な物を買わなくなったので使うお金も減って、結果節約にも繋がることに。

 

ATMからお金を引き出す時は使う分だけ

私はお財布にお金が無くなった時に、ATMから引き出す金額を1万円と決めています。

もちろんもっと必要になることが分かっている時は、その分も引き出しておきますけどね。

 

私が何故1度にATMから引き出す金額を決めているかというと、お財布にお金が入っていると気が大きくなって余計な出費が増えるからです。

私が普段お金をよく使う場所と言ったら、ドラッグストア・ガソリンスタンド・病院くらいでしょうか。

よく行くスーパーは専用の電子マネーがあるので、現金を使うことはありません。

よって、お財布にお金を入れておく必要があまり無いのです。

 

お財布にお金が入っていなければ、もちろんお金は使いませんよね?

ついつい無駄遣いが多い人は、あらかじめお金がどれ位必要なのか考えてその分だけ引き出すと無駄遣いが防げますよ。

 

通帳記入を定期的にする

昔ATMの画面を見て、『なぜ、通帳記入があるのだろうか?』と思いました。

ですが、いざ通帳記入をするとハマりました。

だって、今どれくらい自分のお金が貯まっているのかが一目で分かるからです。

 

人はやはり、通帳の増えていく数字を見ると『減らしたくない』『もっと増やしたい』と感じるもの。

キャッシュカードでお金を引き出すことは便利ですが、その分引き出しやすくお金を使い過ぎるというデメリットがあります。

通帳で引き出すか通帳記入を定期的にして、通帳の数字を見る習慣をつけてみましょう。

そうすると自分がどれだけお金を引き出して使っているのかも明確にもなり、貯金を減らさない為には何を削れば良いのかまで考えることができるようになりますよ!

 

何の為に節約・貯金をしたいのか明確にする

節約が趣味でもない限り、やみくもにひたすら貯金や・節約をすることは難しいです。

次第にしんどくなってきて諦めてしまい、反動で散財…なんてことにもなりかねません。

 

ですが、目的や目標があったらどうでしょうか?

その為にお金が必要なら、頑張れそうな気がしますよね。

ちなみに私が今節約や貯金を頑張っている理由は、ちゃんとあります。

それは、『何かあった時の為』『将来持ち家を建てる為』『家族で旅行など楽しいことをする為』『老後の為』。

このような感じでしょうか。

 

独身の頃の私の節約・貯金の為の目的は、『上京したいから』でした。

その前に結婚したので、そのお金は結局今も通帳の中なのですが。

このように、あなたにとって意味があることなら理由はなんでも良いのです。

 

もしあなたが節約・貯金をほんの少し頑張ることで、その願いが叶うとしたら…

考えるだけでワクワク楽しくて、きっとお金の使い過ぎも防げますよ。

 

お金を使わない日を作る

お金の使い過ぎを防ぐ手っ取り早い方法は、何だと思いますか?

それは、『お金を使わない』ことです。

当たり前のことですが、これが難しい人も結構いるのではないでしょうか。

 

毎日仕事帰りに、スーパーやコンビニで何かを買っていませんか?

毎日では無いとしても、休みの日に毎回どこかに出かけてお金を使っていませんか?

とりあえずで行った場所では、本当は必要では無かった物をうっかり買ってしまいがちです。

 

毎日仕事帰りにお弁当やスイーツを買うより、休みの日にご飯を冷凍ストックしておいて解凍したりした方が経済的。

休みの日に毎回出かけるのではなく、美味しいスイーツを買っておいて自分でコーヒーを淹れれば家でもカフェ気分を味わうことができます。

もちろん我慢ばかりではなく、たまの息抜きに自分にご褒美をあげることも節約を続けていく上で大事ですね。

ですが『お金を使わない日』を作ることでメリハリが生まれ、節約・貯金に繋がっていきますよ。

 

自分を追い込み過ぎない

節約や貯金を始めよう!と意気込む人は、つい自分を追い込みがちです。

貯金目標額を高く設定しまったり、自分にご褒美も与えずひたすら安い物ばかりで生活したり。

ですがこのようなやりかたでは、長続きしなかったり精神的にしんどくなってしまいます。

 

私も以前闇雲に節約をして貯金をしていて、お金は貯まったけど精神的に疲れて『何の為に生きて仕事をしているのか』と考えてしまったことがあります。

やはり節約と貯金は、楽しく続けることで続けることができるし貯めることに繋がっていきます。

少し力を抜くことで反動での衝動買いなども防げて、結果お金の使い過ぎも防ぐことができます。

是非、いつも頑張っている自分にささやかなご褒美をあげて下さいね。

 

どうしてお金を使い過ぎてしまうの?

 

あなたは、どうしてお金を使い過ぎてしまうと思いますか?

人それぞれ理由はあると思いますが、私は『ストレス解消』が大きいと考えています。

 

日頃のストレスで疲れ切った心を埋めるためになんとなく欲しいような物を衝動買いしてみたり、毎回カフェで数百円する飲み物を頼んでみたり。

実際に私も仕事でのストレスを解消するために、休みのたびに出かけて何かしらお金を使わないと気が済まないような状況の時がありました。

お金を使うことって、何故か気持ちいいですよね。

 

ですがお金をかけずに自分の心を少し癒せる方法を見つけることで、自然とお金の使い過ぎが緩和されました。

私の場合は、美味しいスイーツと紅茶を用意してのんびりYouTubeやドラマ・アニメを見ることが自分を癒す方法。

ペットのチンチラと遊ぶことも、ストレス解消になっています。

 

あなたのお金を使い過ぎてしまう原因は、何ですか?

もしそれがストレス解消の為なのだとしたら、一度お金がかからない方法を考えてみましょう。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

お金の使い過ぎを防ぐ参考になったでしょうか。

 

節約・貯金のコツは、たまには自分を甘やかして細く長く続けることだと思います。

急に変わることが難しくても、何か1つでも少しずつ始めてみましょう。

そうすれば、結果は必ずついてきますよ!

私も過去の失敗を生かして、これからも少しずつ頑張っていきたいです。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

また別の記事でお会いできる事を、楽しみにしています!

-節約・お金

Copyright© ミサコログ , 2021 All Rights Reserved.