節約・美容・ダイエット・育児など女性に役立つ情報を更新中!!

ミサコログ

育児

自宅で簡単・節約お食い初め!我が家が準備した物とメリット・デメリット

皆さんこんにちは、みさこ(@misakolog)です。

今回は、自宅で簡単に節約出来るお食い初めについて書いていきます。

 

お店でやったり出来合いの物を注文するのは簡単ですが、結構お金がかかりますよね。

それが自宅で自分で準備すれば、材料費だけ!!

思っていたより簡単だったので、自宅でお食い初めをしたい方の参考になれば嬉しいです。

 

我が家が準備した物

購入した物・作った物

鯛の塩焼き

30cmは超えているであろう大きな鯛を、スーパーで1,500円程で購入。

(これで1番小さいサイズだったらしい…)

近くのスーパーに「今日鯛は入っていますか?」と夫が電話してくれました。

毎日鯛が入荷しているとは限らないので、お店に行く前に電話で確認すると良いです。

または前もって、「〇月〇日に鯛が欲しいのですが」とお願いしておくと確実かと。

 

お店に「お食い初めで使うので、あとは焼くだけってとこまで処理して欲しい」と頼むと、大体無料で内臓と鱗を取ってくれます。

あとはお酒や塩を擦り込んだりして、オーブンで焼けば完成です。

 

ご自宅のオーブンや鯛の大きさによって、加熱時間が変わってくると思います。

我が家のオーブンはレシピの記載通りではなんとなく焼き時間が足らず、写真の状態から大人が食べる前にもう10分ほど追加で焼きました。

(鯛が大きかったからかも?)

 

何はともあれ通販など仕出しでお願いすると1,500円で鯛は手に入らないと思うので、かなり節約出来たと思います。

焼きたてで味もとっても美味しかったですよ!

 

お赤飯

お赤飯は電子レンジで温めることが出来る、パックの物を買って器に移しました。

スーパーでは1パックのみでも売っていました。

我が家は息子のお祝いということで、私達夫婦もお赤飯を食べたかったので3パックセットの物を購入。

お赤飯なんてわざわざ炊くの面倒だし、良い時代だわ…

 

お吸い物

本来はハマグリが良いらしいのですが、どこのスーパーにも売っておらず…

「貝だったら何だって良いよね!」ということで、アサリを購入。

味付けは白だしとお酒だけ。

それでもとっても美味しいお吸い物になりました!

彩が無くて寂しかったので、お花の形の麩も入れましたよ。

 

 

煮物

煮物は作ろうかと思ったのですが、結局はレンジでチンすればいいだけのレトルトにしました。

理由は作るとなると色々な材料を揃えるのに、沢山作ってもたいして食べないから。(特に夫)

だったら少量パックのやつを温めて、器に移した方が安上がりだわ~ってことでこうなりました。

スーパーで大体300円しない位でした。

 

なます

なますも作っていません。

ちょうど年末頃にお食い初めをしたので、スーパーのお惣菜コーナーに売っていてそれを使いました。

お得意の器に移しました、です。

 

梅干し

梅干しは数粒入って大体250円の物を準備しました。

売り場にはもっと大きな粒の良い梅干しもあったのですが、我が家はあまり梅干しを食べないので安いやつに。

 

歯固めの石

歯固めの石は、実は100円ショップのセリアで準備しました。

地域によっては歯固めの石を梅干しで代用する所もあると知り、準備しない予定でしたが結局あった方が良いような気がして。

 

本来はお宮参りをした時に神社からもらえたり、ネットでもご祈祷された石が売っているのでそれらを使うと良いのですが…

我が家は産後私の調子があまりよくなかったことや、コロナの影響でお宮参りはせず。

あまりにギリギリまで石を準備するか悩んでいた為、通販も間に合わず笑

 

調べたら『そこら辺で拾った石でも良い』なんて情報を見つけたもんで、じゃあセリアでもいいよね?ってことで。

通常は金魚の水槽の底に使う用に売られている、天然石が沢山入っている物を準備しました苦笑

(その中でも形が良い物を、私が選りすぐりました)

準備したことに意味がある!はずです。

 

こんな人もいるよってことで参考にして下さい笑

ちゃんと準備したいよ!って方は、楽天などでも沢山歯固めの石が販売されているのでチェックしてみて下さい!

 

祝い箸

祝箸もセリアで売っていたので、そちらを購入しました。

3膳セットだったので、夫・私・息子用でちょうど良かったです。

 

自宅にあった物

食器

本来は男の子は朱、女の子は黒の漆器を準備すると良いのですが、極力節約したい・物を増やしたくない私はいつも使っている食器を使いました。

ちなみに100円ショップでもそれっぽい漆器が売っていますし、レンタルなんかもネットではありますよ!

あまり使用頻度は高くない物なので、出来るだけお金はかけたくないですよね(;^ω^)

 

子供の服

私達夫婦(親)は普段着でしたが、主役の息子には袴ロンパースを着せました。

私の母が「何かの時に着せたら」と購入してくれた物です。

袴ロンパースは普通の着物生地ではなく普段着と同じような生地なので、自宅で洗えるのも嬉しいポイントですね。

男の子用だけでなく女の子用にも可愛い物が沢山あるので、和服を着せたいパパ・ママはチェックしてみてはいかがでしょうか(*´ω`)

 

お食い初めの順番

色々調べた結果、用意した煮物や香の物(なます)は実際にはお食い初めに使用しないこともあるようです。

ですがせっかく準備したし!ということで、煮物やなますも使用することにしました。

と言っても、食べさせる真似だけですがね。

我が家のお食い初めの順番はこんな感じでした。

日本橋正直屋オンラインショップより引用

 

自宅でお食い初めするメリット・デメリット

メリット

自分たちのペースで出来る

子供が泣きわめこうが、途中でウンチをしてしまい中断してしまおうが、寝てしまおうが周りの人を気にする心配は一切ありません。

お店に予約している訳では無いので、時間を気にする必要も移動する必要も無いんです。

急な予定変更も全然オッケー!

 

実際に息子は私が準備している最中に寝てしまうし泣いてしまうしで、落ち着いてからからお食い初めをしました。

夫とも「お店でやるとしたらこうはいかないよね~」と話しました。

人の目が気になってしまうパパ・ママには、自宅でのお食い初めが向いていると思います。

 

お金が節約できる

今回お食い初めでかかった費用は…

・鯛…1,500円

・赤飯…300円

・あさり…250円

・麩…150円

・煮物…300円

・なます…200円

・梅干し…250円

・石…110円

・箸…110円

(大体の金額です)

このような感じでした。

合計3,170円くらいです。

お店でやるともっとかかるか、さらに大人の食事も頼むことになると思うので割安だと思います。

今回は鯛が大きかったので1,500円ほどかかりましたが、以前スーパーで半分くらいの大きさの鯛が680円で売られていたので用意する鯛によってはもっと安くなります。

 

デメリット

手間が少しかかる

お店にお願いする場合は全て準備してくれているので、お料理をしたりしなくて良いですよね。

ですが自宅でお食い初めをする場合は、料理をしたり温めたりお食い初めで使う物を自分で準備する必要があります。

片付けも全て自分でやらなくてはいけません。

それらが面倒くさい、お店で大人も一緒に美味しい料理を食べたいなど理由がある方には向きません。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

総合的に考えて、私は自宅でお食い初めをして良かったと思っています。

慣れない大きな鯛を焼いたり、息子に合わせて進めたり、全てが終わった後片づけたりと正直多少は疲れました笑

でも息子がリラックスした笑顔で写真を撮れたし、いい思い出になったと思います。

 

人の目を気にせずに気ままにお食い初めをしたい方や、節約したい方は自宅でのお食い初めにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

意外と簡単にできたのでおすすめですよ!

この記事が少しでも参考になれば、とても嬉しいです。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

また別の記事でお会いできることを楽しみにしています!

-育児

Copyright© ミサコログ , 2021 All Rights Reserved.