節約・美容・ダイエット・育児など女性に役立つ情報を更新中!!

ミサコログ

妊活・妊娠

30代で多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)と診断された私が妊娠するまでの体験談

皆さんこんにちは、みさこ(@misakolog)です。

今回は30代で多嚢胞性卵巣症候群と診断された私が、妊娠するまでの体験談を書いていきます。

正直私は長い期間妊活に向き合っている方に比べると、早い段階で授かることができたと思っています。

それでも誰かの参考になればと思い、書くことに決めました。

長い記事になったので、目次から読みたい場所だけ読んで頂いても構いません。

 

こんな方におすすめ

  • 多嚢胞性卵巣症候群について知りたい
  • 多嚢胞性卵巣症候群でなかなか妊娠しない
  • 妊活をしているがなかなか妊娠しない

 

多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)とは

多嚢胞性卵巣症候群。

あまり聞きなれない病気ではありませんか?

しかし、若い女性にはよく見られる排卵障害です。

卵胞が育つのに時間がかかり、なかなか排卵しない病気です。

 

通常大きな卵胞が1つ育ち、そこから卵子が排卵されます。

ですがこの病気は小さな卵胞が沢山出来てしまい、なかなかそれ以上大きく育つことが出来ません。

 

自覚症状

自覚症状としては、下記の通りです。

月経周期が35日以上である

月経が以前は順調だったのに現在は不規則

にきびが多くできる

やや毛深い

肥満

実際に私も元々生理不順で月経周期は35日以上で、どんなに清潔にしていてもニキビができやすい体質です。

 

原因

原因としては、卵巣内の男性ホルモンが多いことが原因と言われています。

よくフェイスラインのニキビは男性ホルモンの関係等と言われることがありますが、私自身もフェイスラインによくできるのでこれを聞いて納得でした。

どうして排卵がうまく行われないかというと、卵巣内の男性ホルモンが多いことが原因といわれています。(中略)男性ホルモンを高くさせている原因は、脳から出ているLH(黄体化ホルモン)と血糖値を下げるインスリンというホルモンの作用です。それらが正常より強く卵巣に作用していて男性ホルモンが局所的に上がっていると考えられています。ですからPCOSの方は、生理中の血液検査で脳から出るゴナトロピン(LHとFSHのこと)をはかるとLHがFSH(卵胞刺激ホルモン)より高くなるという特徴があります。また、血中の男性ホルモンの値も軽く上昇していることがあります。

聖マリアンナ医科大学病院生殖医療センターより引用

 

治療方法

治療方法には飲み薬や注射など、いくつか方法があります。

私の場合は、飲み薬の『デュファストン錠』『クロミッド錠』の服用のみでの妊娠です。

ですが必ずこれだけで妊娠するとは断言できません。

 

どのような薬にも副作用は付き物だと思います。

クロミッド錠に関してもネットなどで様々な副作用経験談が見られ、少々不安になりますが私は副作用は起きませんでした。

その為クロミッドを服用することに躊躇している方は、もし医師から服用の提案があれば試してみても良いのではと私は考えています。

 

私が妊娠するまでの道のり

すぐ妊娠できると思っていたらできなかった

私が結婚したのは、2018年4月のことです。

同じ年の12月に結婚式をすると決めたので、それまでは子供を作らないことも夫と決めました。

なのでしっかり避妊をしていた訳です。

この時は「避妊しなければすぐできる」と考えていました。

 

式が来月に迫った2018年11月。

今妊娠してもつわりもそんなに無いだろうし、お腹も出ないから大丈夫だろうと思い妊活を始めることにしました。

その後結婚式も無事に終え気づけば3月になっていましたが、一向に妊娠の気配は無く。

友人に「春生まれを産みたいから夏に頑張る」と言って本当に夏に妊娠した子がいたので、それが普通だと思っていた私。

 

「あれ?なんか思っていたのと違う…」とは思いましたが、そこまで切羽詰まっている状況ではなかったのであまり気にしていませんでした。

 

子宮頸がん検診で医師に生理不順を伝える

2019年3月。

穏やかに暮らしていたある日、そういえば「今年度の市の子宮頸がん検診の締め切りが今月までだ」ということに気が付きました。

結婚前に勤めていた職場の健康診断で受けていましたが、それから時間が経っていたので受けることにしました。

助成してもらえるし。

 

そして予約していた日に、市の婦人科に向かいました。

そこで問診票を記入することに。

その中に「最後の生理はいつですか?」というような項目がありました。

ですが私は昔から生理不順で1・2ヶ月生理が来ないのが当たり前で、記録もしていなかったんです。

その為書くことが出来ず、受付の方にそのように伝えました。

 

数分後診察室に呼ばれ、検診の前に医師と少し話しました。

・結婚はしているのか

・子供は欲しいのか

・いつから生理不順なのか

このような話をしました。

 

一通り話し終わると、「そもそも生理不順っていうのがあまり良くないから、子供を産むのとか関係なく治した方が良いと思うよ。病気の原因にもなるし。」と医師から言われました。

この言葉を聞いて、「そっか。今まで無視してきたけど、女性の体で生理が来ないってことは通常な状態じゃないのか。それが妊娠しない原因にもなっているのかも。」と思いました。

 

その後検診をしてもらい、自宅に帰りました。

ちなみに後日届いた検診結果は、問題なく一安心。

でも病院で話した生理不順のことが、なんとなく気になっていました。

 

生理不順でなんとなく受診してみた

検診を終えた翌々月頃、生理不順のことが気になっていた私はまた病院に行くことにしました。

そこでまた問診があり、妊娠希望なのかを聞かれました。

私の意見としては、「妊娠希望だけど、そこまですぐにっていう訳ではないです」と答えた。

でも先生の意見は、「30歳も過ぎているし、遅くなればなる程確率だって下がるんだよ。早ければ早い方が良い。」という感じ。

 

正直この頃の私は勉強不足で、年齢が上がるにつれて妊娠率が下がるなんて目からウロコ。

何歳になっても妊娠率は変わらず、多少母体が大変・育児が体力的に大変くらいにしか考えていませんでした。

ここで『子供はそのうちで良い』から、『早めに作ろう』という気持ちに変わりました。

 

色々話してとりあえず基礎体温を毎日ちゃんと測って、基礎体温表に記入するようにと指示がありました。

そしてまずは2週間ほど記入してまた来て、ということに。

 

ちなみに私が購入した基礎体温計と基礎体温表はこちら↓↓

こちらの体温計は連動しているスマホアプリがあって、1度設定するだけでスマホと体温計をくっつけると自動で記録してくれます。

(iPhone・androidどちらにも対応)

私は医師から手書きで基礎体温表をつけるように指示があったので、アプリと表を両方使っていました。

 

お気付きの方もいるかもしれませんが…

この時点で私は排卵日という言葉は知っていましたが、それがいつなのかまでは知りませんでした。

それで妊活するって言ってるんですから…、笑っちゃいますよね。

 

デュファストンの服用を開始する

2週間基礎体温を測り続け基礎体温表もしっかり書いて、また婦人科を受信しました。

医師に基礎体温表を見せると一言、「これだと排卵日がわからないね」。

それもそのはず、私が出した基礎体温表のグラフはガタガタでした。

よって低温期も高温期もわからないし、排卵したのかもわかりません。

グラフがガタガタということは、ホルモンバランスが安定していないということが考えられます。

 

そこでエコーで子宮と卵巣の状態を診てみようということになり、経腟エコーをすることになりました。

結果わかったのが、『多嚢胞性卵巣症候群』の可能性が高いということ。

色々説明を聞いて「生理不順を放置せずに、もっと早くに受診していればよかった」と思いました。

 

この時生理がまだきていなかったので、『デュファストン錠』という飲み薬を処方されました。

1日2回服用(朝・夕)1回1錠7日分の処方。

この薬の作用と効果について

合成黄体ホルモン剤で、子宮内膜に分泌期像をつくり、また、排卵誘発作用もあります。

通常、切迫流早産、習慣性流早産、無月経、月経周期異常、月経困難症、機能性子宮出血、黄体機能不全による不妊症、子宮内膜症の治療に用いられます。

くすりのしおりより引用

医師には、「この薬を飲んで生理がきたら3~4日目辺りに受診して」と言われました。

「もし飲み終わって10日経っても生理がこなくても受診して」とも言われました。

 

その後薬を飲み終わっても生理がこなかった私は、再び病院を受診しました。

どうやらデュファストンを飲んでも、生理がこない人もいるようです。

そして追加で7日分、また薬を貰って帰宅しました。

 

ここでやっと生理がきて、またまた受診。

医師と色々話して、後日また来てと言われ薬も貰わずに帰宅。

そしてまたエコーをして、デュファストンを貰う。

この流れが何度かありました。

ですがある日医師から、「違う薬も使ってみようか」と言われたのです。

 

クロミッドの服用を開始する

医師から勧められた薬は、『クロミッド錠』というもの。

まずは1日1回服用(夕食後)1回1錠5日分が処方されました。

この薬の作用と効果について

女性ホルモンのバランスを調整し、卵巣を刺激して排卵を起こりやすくする働きがあります。

通常、排卵障害に基づく不妊症の治療に用いられます。卵巣過剰刺激の結果として、多胎妊娠(双子、三つ子など)の可能性があります。

くすりのしおりから引用

なぜクロミッドを処方されたかというと、

・エコーで排卵日付近の卵巣を見たが、排卵しそうな卵胞が育っていない

(要は排卵しない)

・妊娠を希望している

このような理由からだと思います。

 

副作用などもあると聞いたので少し不安にはなったのですが、幸い私は副作用は全く現れませんでした。

そしてクロミッド服用後、医師に指定された日に病院を受診しました。

排卵するような大きな卵胞が育っているか確認する為です。

ですが結果は大きな卵胞は育っておらず、小さな卵胞が複数個あるだけ。

 

「とりあえず今回は(排卵)しなそうだけど、次また飲んでみよう」ということになり、また生理がくるようにデュファストンを処方されて帰宅。

なんだか長期戦になるのかな~、とぼんやり考えていました。

 

夫との妊活に対する温度差を感じた

少し話がそれますが、妊活中一度だけ夫と温度差を感じたことがありました。

それは医師に「ここら辺排卵日かもしれないから、頑張ってみて」と言われた、その日のこと。

仕事から帰ってきた夫に「今日排卵日かもしれないんだって」と伝え、夫も「じゃあ頑張んなきゃな笑」と言っていました。

ですが食事をしてお風呂からあがると、気づくと夫は寝ていました。

 

夫の仕事は激務で朝も早いし、疲れているんだな。

しょうがないや、疲れているんだもん。

そう思って私も布団に入りました。

でも急になんだか悲しくなってきて、涙が出てきました。

「私は薬飲んだりしているのに。1ヶ月のうちで、たった少しのチャンスなのに。子供は私だけの問題な訳じゃないはずなのに。」

 

私は妊活に対して、そこまで躍起になっているつもりはありませんでした。

ですがすぐに妊娠する人が沢山いるのに、「なんで私は治療までしなきゃできないんだろう」という気持ちが少なからずあったのだと思います。

そのような気持ちを分かってくれていると勝手に思い込んでいたので、隣でいびきをかきながら寝ている夫に温度差を感じたのでしょう。

 

私達夫婦はしませんでしたが、妊活をする際に夫婦である程度「女性の体や周期・妊娠について」話をすることが大事なのかなと感じました。

男性はやはり、女性の体や周期(いつ生理がきて排卵するのかなど)はよくわからないと思います。

それを知って貰うだけでも、その日(排卵日)が妊活をする上で大事な日だと考えて貰えるのかもしれません。

 

クロミッド増量で初めて大きな卵胞が育った

クロミッド服用3度目、「薬の量を増やしてみよう」ということになりました。

1日1回の服用から、1日2回の服用に変更です。

この時は妊活を始めて、1年が経っていました。

妊活を1年して妊娠しないのは不妊という扱いになるから、これで妊娠しなかったら本格的に不妊治療を始めよう」と医師から言われました。

 

これまでクロミッドを飲んでも、1度も排卵しなかった私。

今回もどうせ駄目だろうと期待していませんでした。

ですが指定された日に受診してエコーをしてみると…

「今回は大きい卵胞がちゃんと1つ育ってるね」と医師から言われました。

 

薬を増やしたからかわかりませんが、ようやく排卵する準備ができたようです。

この時自分の体が女性としてちゃんと機能してくれたことが、とても嬉しかったことを覚えています。

 

薬を貰おうと思って受診したら…

その後またデュファストンを処方されたので、無くなるまで飲んでいました。

ですが飲み終わって10日経っても、生理はきません。

私は飲み終わっても10日以内に生理が来ることがなかなか無かったので、また薬を処方してもらおうと思い病院を受診しました。

 

私の顔を見た途端に、「生理きた!?」と聞いてきた医師。

「きてないです」と答える私に、今度は「妊娠した!?」と聞いてくる。

「多分してないと思いますけど…」と答える。

検査薬もしてなかったし、さすがにわからない笑

すると「一応検査薬やってみよう」という話になりました。

 

「どうせしてないでしょ」と思いながら、看護師さんから紙コップを受け取る。

(1度病院で検査薬をやったことがあり、陰性だったことから余計に期待していなかった)

その後トイレから出て、そのまま診察室に通されました。

私は検査薬に目も向けないで、椅子にただ座る。

すると医師から急に、「妊娠してるよ!」と言われ私は「え!?」と言って検査薬を確認。

そこには、陽性の枠に薄っすらながらも線がありました。

 

何故か3人くらい看護師さんを集めて、みんなで確認笑

「よかったね~」と皆さんに言われて、初めて実感が湧きました。

驚きと興奮で少し体が震えた。

「やっと排卵したと思ったら一発で妊娠するなんて、すごくラッキーだよ」と医師に言われて、なんだかもっと嬉しかった。

 

帰宅して、その日泊りでの仕事だった主人に電話しました。

伝えると意外とあっさり、「え!?そうなの?よかったね」という感じの返答。

なんだか、「あれ?そんなもんか」と拍子抜け笑

後からなんでそんな反応だったのか聞いたところ、「子供は欲しいと思っていたけど、実感が湧かなくてなんて返して良いか分からなかった」とのことです。

 

その後の私

その後お腹の子は胎嚢確認・心拍確認などなんとか乗り越え、現在(2020年3月時点)私は妊娠15週を迎えました。

予定日は2020年9月1日です。

出産方法は昔から出産の痛みに恐怖心があるため、『無痛分娩』を予定しています。

 

ちなみに排卵日に寝てしまい妊娠発覚時にはそっけない返答だった夫は、今では週数が変わるたびに「ちぃちゃん、〇〇週おめでとう」と言ってくれる位楽しみにしてくれているようです。

(名前がまだ決まっていないので、お腹の子をちぃちゃん(小さいから)と呼んでいます)

 

~更にその後~

2020年8月9日に、早産ではありましたが元気な男の子を出産しました!!

 

最後に

いかがでしたでしょうか?

私の体験が少しでも誰かの参考になればと思い、今回この記事を書きました。

長々とお見苦しい点・気に障る点などありましたら、ごめんなさい。

 

世の中には授かる為に沢山の時間とお金をかけて、必死に努力をしている方が沢山います。

その中で今回私が授かることが出来たことは、医師が言った通りラッキーだったしありがたいことだと思っています。

 

もし私のように生理不順を放置している人がいたら、早めに婦人科を受診することをおすすめします。

例えば今現在は妊娠を希望するような状態では無いとしても、いざ希望した時に妊娠できない可能性が出てきてしまいます。

多嚢胞性卵巣症候群などの病気や不妊症では無かったとしても、あらかじめ自分の体のことを知っておくことは後の自分の為になります。

そしてなかなか妊娠しないと感じている人も、是非一度受診してみて欲しいです。

原因が分かるだけで、妊娠への道がグッと近くなります。

 

そして多嚢胞性卵巣症候群で悩んでいる方へ。

私も経験者として、「絶対大丈夫だから諦めないで!」というような無責任な言葉は言えません。

多嚢胞性卵巣症候群だとわかった時、ネットで色々調べて少し不安になることもありました。

でもこの病気でも妊娠している人は、私含めちゃんといます。

可能性は0ではありません。

どうか思いつめ過ぎず妊活以外の楽しいことにも目を向けながら、毎日を過ごして下さいね。

 

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

少しでも参考にしてもらえたら嬉しいです。

また別の記事でお会いできることを、楽しみにしています!

-妊活・妊娠

Copyright© ミサコログ , 2021 All Rights Reserved.