節約・美容・ダイエット・育児など女性に役立つ情報を更新中!!

ミサコログ

節約・お金

節約と倹約の違い!ケチとはどう違うのか?

皆さんこんにちは、みさこ(@misakolog)です。

今回は、『節約と倹約の違い!ケチとはどう違うのか?』について書きます。

 

節約とか倹約って、よく耳にする言葉ですよね。

どちらもお金を無駄遣いせず、切り詰めて生活をするイメージがあります。

 

でもこの、『節約』と『倹約』。

どのような違いがあるのかご存じでしょうか。

 

似たような意味合いで使われることが多いこの2つの言葉。

実はちゃんと違いがあるんですね!

 

文章で使う時や、どのようなシチュエーションでどちらの漢字を使うのか。

詳しくご紹介していきましょう!

 

こんな方におすすめ

  • 節約と倹約の違いを知りたい
  • 節約と倹約の使い分けについて知りたい

 

節約と倹約の違いって何?

辞書で節約と倹約について調べると、このように書かれています。

 

節約とは

無駄を省いて(はぶいて)切り詰める事。

無駄使いを制限する事。

-電気を(節約)する

-水を(節約)する

 

倹約とは

お金を切り詰めて出費を少なくする事。

またそのように努める事。

 

ん?一緒じゃないの??

と思いますよね?

 

でもちょっと待ってください!

意味はどちらも似ているのですが、

節約は電機や水などの『お金以外の事』にも使用する半面、倹約は『お金を切り詰めて出費を少なくする事』とあるんです。

 

さらに節約の『節』には、『信念・けじめ・節操』という意味合いがあります。

それに対して『倹』と『約』には、『慎ましく質素な生活』という同じような意味があるんです。

 

その為倹約より節約の方が、お金以外にも自分の事を律するという『精神面』についても含まれてくるんですね。

 

ということで節約の方がどのような『方法』で切り詰めるかなどより具体的で、さらにお金について厳しくしている状況ということが考えられます。

倹約は、出費を抑える『方針』というような感じでしょう。

 

節約:色々と制限する

倹約:出費を抑えられるように努力をする

 

このようなことから倹約よりも節約の方が、より強い意味合いの言葉ということになります。

 

英語で言う時の違い

では今度は、節約と倹約を英語にしてみましょう。

どのようになるのでしょうか。

 

まずは節約。

節約を英語では?

saving

save money

economize

など、表現方法は様々あります。

saveと聞くと、抑えるという意味合いがより強く感じられますね。

 

次に倹約。

倹約を英語では?

frugality

thrift

という表現方法があります。

 

ケチと倹約は何が違うのか

お金のことになると細かい人や、なかなかお金を使いたがらない人の事を『ケチ』と呼ぶことがありますよね。

一方『倹約』と聞くと、計画性がある人というイメージを持つかと思います。

 

では、ケチと倹約はどのような違いがあるのでしょうか。

 

あなたはケチと聞いて、どのような印象を持ちますか?

あまり良い印象は無いのではないでしょうか。

 

そうです、ケチとは不快感を与えられた時に使うことが多いんですよね。

・飲み会の会費に文句を言ってきた

・結婚式のご祝儀を出し渋る

 

このような時に、『ケチ』と言われることが多いかと思います。

 

反対に倹約のイメージと言えば、

・無駄な出費は抑えるけど使う時には使う

・目的の為に出費を抑える努力をしている

 

このような感じではないでしょうか。

 

その為倹約はケチとは違い、『何かの目的の為に努力してやりくりをしている』という意味合いになります。

いくら「私は倹約家!」と言い張っても、人に不快感を与えるほどお金に執着しているとケチになってしまうかもしれませんね。

 

ちなみに倹約の反対語は、『浪費』となります。

 

最後に

いかがでしたでしょうか。

節約と倹約の違い、意外とちゃんとあるんですね。

 

普段何気なく使っているケチという言葉も、深く調べてみると違いがあることがわかりました。

他人に不快感を与えることなく、『ケチ』ではなく『倹約家』と思われる人になりたいものですね。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

少しでも参考になっていれば幸いです。

また別の記事でお会いできることを楽しみにしています!

-節約・お金

Copyright© ミサコログ , 2021 All Rights Reserved.